Hannahの植物&お魚日記

植物とお魚の記事を書いています

メダカの飼育環境

我が家のメダカは3つの容器で飼育しています。

 

f:id:journal-hannah:20200630224623j:image

1.睡蓮鉢(直径:38cm)

楊貴妃メダカ(ダルマタイプ?)

5匹(メス3匹:オス2匹)

 

f:id:journal-hannah:20200630225008j:image

2.野菜プランター(530型)

黒メダカ(もしくは黒メダカ×行田ブラックのミックス)

7匹(メス3匹:オス4匹)

行田ブラック

3匹(メス2匹:オス1匹)

 

f:id:journal-hannah:20200630225500j:image

3.発泡スチロール容器(浅め)

黒メダカ×行田ブラックのミックス

5匹(メス3匹:オス2匹)

 

一番最初にタマゴを採りはじめたのが、3の発泡スチロール容器のメダカのもの。

水深が浅く、底に赤玉土が入っていて、自然発生した藻にタマゴを産みつけるのでタマゴが見つけやすいのと、回収しやすいのでかなりメダカベビーが生まれました。

自然環境に近い様な浅さがメダカにはとても心地よさそうにも感じます。

 

1の睡蓮鉢と2の野菜プランターは同じ時期に手作り産卵床を入れました。

睡蓮鉢は5匹のメダカなので、産卵床は1つ入れ、野菜プランターの方は大所帯なので産卵床は2つ入れました。

 

睡蓮鉢は初めはタマゴの回収率はあまり高くない様に感じました。

産卵床にあまりタマゴを産みつけないので、どこにタマゴを産みつけるのかと思っていたら、下方の壁面に生えた藻にタマゴを産みつけていました。

深さもあるのでピンセットで取ることが難しく、放っておく事にしました。

今では産卵床から生まれた針子が結構多くなってきたので、産卵床にもタマゴは産んでくれていたようです。

f:id:journal-hannah:20200704185737j:image

睡蓮鉢の茶色に濃いオレンジ色がとても生えて綺麗に見えます✨

睡蓮を咲かせて、メダカも楽しむには良い組み合わせかもしれません。

 

植物プランターは横幅も深さもあり、大所帯であっても元気に育っている様に感じます。

f:id:journal-hannah:20200704190200j:image

2つの産卵床(たまに3つ)で、メスが多いのもあり、たまごは結構産みつけられています。

中に入っている水草にも産みつけているようです。

毎日メダカのお母さんがタマゴをお腹につけているのを見るので、エサを多めにあげています。

 

エサもそうですが、睡蓮が3つ入っていて施肥をしているので、水がすぐグリーンウォーターになってしまいます。

 

 

各容器とも藻や水草、睡蓮が育って来て針子の隠れる場所ができたのでフワリと針子が泳いでいる事がありますが、見つけたら隔離する事にしています。

 

タマゴをとることで生まれてくる針子が増えるので、それを育てる容器や場所が必要になる事がわかりました。

f:id:journal-hannah:20200708212157j:image

ある程度したら針子を育てる方にシフトする必要がありそうです。

ハイビスカスの誘惑

毎年、初夏くらいからハイビスカス🌺が園芸コーナーに並び始めると、ここから葛藤が深まります。

ハイビスカスが好きすぎる私は、色々ときめいて眺めては棚に戻す、という事を繰り返します。←変な人

理由は冬越しするスペースがあまりないので植物を沢山増やせないという事情から😭

 

今年は早くも2度、泣く泣く棚にハイビスカスを戻した記憶が刻まれています。

 

毎年気になっているのはモリヒロ園芸さんが出しているハイビスカスのシリーズ🌺

f:id:journal-hannah:20200630194025j:image

ポットのデザインもかわいいのです💕

 

ホームページにあるハイビスカスの種類を見て、今年はどんなハイビスカスに出会えるか楽しみにしてもいます😍

 

長いこと紫色系のハイビスカスに出会ってみたい!と思っていたのですが、出会えずにいました。

 

そしてとうとう今年発見しました✨

しかし、今年はピンクが気分❣️で、この気分に合ったかわいい子ちゃんを見つけてしまい…ひとしきり考えてみましたが決まりません。

 

結局、決められないので2つを購入することにしました😄冬越しはその時に考えるとします!

 

f:id:journal-hannah:20200704181655j:image紫と薄ピンクの八重ハイビスカス🌺

 

f:id:journal-hannah:20200704181920j:imagef:id:journal-hannah:20200704183154j:image

咲いていないのですが、蕾がピンク色っぽいです。明日は咲くかな?

 

f:id:journal-hannah:20200704182500j:imagef:id:journal-hannah:20200704183600j:image

蕾だけだとあんまり違いがわかりません。

八重咲の蕾はぷっくりとしています。

良く考えたら、八重咲きのハイビスカスを育てるのは初めてかもしれません!

どんな風に咲くのか楽しみです✨

 

そして、ハワイの花の本に載っていたイリマを見つけ、育ててみたいと購入していました。

f:id:journal-hannah:20200704183037j:image

こちらもハイビスカスに似ています。

 

シーズンの始まりにアオイ科の植物を沢山買ってしまいました😆

晴れたら植え替えをしてあげようと思います。

 

f:id:journal-hannah:20200704184225j:image

何年か育てているフラミンゴレッド🦩が良く咲いています。

こちらは沢山蕾を持っているので、この先も花が見られそうです。

新しいお魚と性格

今年の春先に、長年飼っていた金魚のパクさんが☆になりました。

今年は家にいる時間が長くあったので、具合の悪くなったパクさんのお世話をする時間があり、ゆっくりとお別れすることができたのがありがたかったです🐟

f:id:journal-hannah:20200629222448j:imageパクさん最後の写真

パクさんは名前を呼ぶとピューっと泳いできてくれました。そしてパクさんはとってもおっとりしていていつものびのびとしていました。

 

ある日ふらりと行ったホームセンターのペットコーナーでベタを見つけました。

色々なベタがいる中で、人に興味もなく、周りのベタがフレアリングしていても無関心そうなマイペースなベタを新しい家族にお迎えする事にしました。

f:id:journal-hannah:20200629223133j:imageプラガットのひらめさん

 

ひらめの前に2匹のベタを飼っていました。

この2匹からベタの性質や性格など学びました。

f:id:journal-hannah:20200629223501j:imageトラディショナルベタのうなぎさん

f:id:journal-hannah:20200629223752j:imageクラウンテール、雌のサラマンダーちゃん

 

うなぎさんは売り場にいるときからウネウネして面白い動きをしていました。

すぐに人(私)に慣れ、エサをくれる人❣️として認識してくれ懐いてくれました。

そして、人の姿があるといつもこちらをジーッと見つめ遊んで欲しそうに視線を送ってきました。

とても人懐っこくてフレンドリーな性格だったのですが、少し神経質なところもありました。

 

ペアリングしようとしたサラマンダーちゃんにだけは警戒していつもフレアリングしていました。

f:id:journal-hannah:20200629225123j:image

結局ペアリングは不成立でした…

 

サラマンダーちゃんは気にしない性格で、いつもエサを美味しそうにバクバク食べていました。(なのに嫌いなエサは吐き出すというかわいいところがありました)

そんなサラマンダーちゃんは人間にも魚(うなぎさん)にも興味深々で、まん丸の目で見つめてはにゅーっと近寄ってきました。

 

さて、新しいベタのひらめさんはどうでしょう?

f:id:journal-hannah:20200629231314j:image

見ている感じではまだまだ若いヤンチャなお魚さんで、自分の姿に一生懸命フレアリングをしたり、エアレーションの管をスラロームですり抜ける遊びをずーっと繰り返して楽しそうです。

初めは人なんか知りません!みたいな顔で全く近寄って来ませんでした(笑)

マイペースな感じは相変わらず、最近は慣れてきたのかエサの時間に少し愛嬌を見せてくれます💙

 

改めて、お魚にも色々な性格があるなぁと実感しました。

 

f:id:journal-hannah:20200629231859j:imageひらめの名前の由来は真横に泳ぐ姿が平目の様だったから😆

 

ひらめさんは元気なので、エサをあげるときにものすごいジャンプを見せます。

どのベタもかなりジャンプ力がある様で、水槽上にネットを置いて飛び出し事故には気をつけています。

 

ひらめさんのパートナーはやって来るのか?わかりませんが、今のところ泡巣は全く作ってくれません。

プルメリアとアデニウム

まだまだ梅雨の時期ですが、熱帯植物の季節がやってきました✨

 

雨に当たってプルメリアの葉がギュンと出てきました🌱

f:id:journal-hannah:20200620150835j:image

そして花芽を発見✨

f:id:journal-hannah:20200620150934j:imagef:id:journal-hannah:20200620150940j:image

こちらはJungle Jack'sのJubilee❣️

このJubileeさんは本当に良く咲いてくれます✨

 

我が家のプルメリア6鉢のうち、半分は花が咲きましたが、もう半分はまだ咲いたことがありません。

 

f:id:journal-hannah:20200620155353j:image

去年は念願のKimoが咲きました✨

本当はオレンジのプルメリアなはずですが、日照やら何やらで黄色になってしまいました。

 

f:id:journal-hannah:20200620211013j:image

↑この種から育てているプルメリアは、去年咲くかも✨と心をときめかせたのですが、結局イボ芽だったようで、咲きませんでした😭

 

今年は咲かせることができるでしょうか?

 

そして、アデニウム

数年前にタイ🇹🇭のお土産でもらった子を☆にしてから苦手意識しかないアデニウム

f:id:journal-hannah:20200620152247j:image

世界ラン展で買った2つのうち1つが生き残りました。

f:id:journal-hannah:20200620152408j:image

葉が病気のように見えますが、バリエガタ(斑入り)の品種を接木してあります。

f:id:journal-hannah:20200620152743j:image

台木の方からも芽が出てきましたが、このまま育ててみようと思います。

 

以前、植物ハンターの同僚に「ダイソーの観葉植物コーナーにアデニウムがある」との情報をもらい、ダイソーデパートへアデニウムを探しに行きました💨

 

そしたら、ちょっと大きめ観葉の方にアデニウムを見つけ¥300円で購入しました。

f:id:journal-hannah:20200620153652j:image

それから数年、ひょろりとしてしまいましたが成長しました。(今年植え替えしました)

 

そして今年、またまたアデニウムを見つけてしまいました✨

f:id:journal-hannah:20200620153919j:image

種から芽が出ました!というようなかわいいアデニウム❣️

タグには観葉植物としか書いてなかったのですが、これはアデニウムに違いない!と買ってきました。

こちらは気長に育てようと思います。

 

忘れていましたが、我が家のもう一つのプルメリアのオブツーサ(系)

f:id:journal-hannah:20200620154741j:image

春に葉を全部落としてイチからのスタートになりました。

 

今年の夏は猛暑になる可能性があると予報が出ていました。植物たちにとっても暑すぎる夏になるかもしれませんが、成長を見守ります。

メダカ水槽のリセット

メインのメダカ水槽のリセットをしました。

f:id:journal-hannah:20200623194004j:image

グリーンウォーターと言えばそうなのかもしれませんが、壁がドロドロしていたりするのが気になっていました。

 

f:id:journal-hannah:20200623161024j:image

スイレン水草をとりのぞき、メダカをバケツに移動します。

f:id:journal-hannah:20200623161140j:image

そうしている間に、メダカのお母さんはタマゴをたくさんぶら下げていました。

f:id:journal-hannah:20200623161458j:image

水草を入れておいたバケツには針子が生まれていました😳

 

そして、水を抜いてみたらヤゴが見つかりました😐

結局この水槽からはトータルで7匹くらい見つかりました。 

 

f:id:journal-hannah:20200623161604j:image

元々あった姫スイレン2株に熱帯スイレンを1株足しました。(管理する場所がなかったため😅)

 

近年、我が家ではスイレンの花を見ていないのです。

植え替えや株分けが面倒だとやっていなかったため咲かなくなっておりました。

今年の春先は時間もあり、植え替えや株分けをしたのでちょっとやる気が出てきました✨(私のやる気💪)

 

f:id:journal-hannah:20200623162658j:image

ついでに施肥をしておきました✨

肥料を入れると余計に水が濁ってしまうのですが、花のためにと葛藤しつつ肥料を入れています。

f:id:journal-hannah:20200623163023j:image

リセット完了!

まだ濁っていますが、時間がたったら水が澄んでメダカも見えやすくなるでしょう😊

 

メダカのタマゴとりを始めてからメダカを眺める時間が増えました。

うまれた針子を大きくする事と、スイレンの花を咲かせる事が目下の目標です!

 

メダカのタマゴとり

今シーズンからメダカのタマゴをとり始めました✨

やってみたらなんだか面白くなってきて、タマゴを見つける度に回収しています。

 

雨が上がりすっきり晴れた今日は、水が少し澄んでタマゴの見つけやすいこと!

f:id:journal-hannah:20200620142234j:image

f:id:journal-hannah:20200620142501j:image

水草や藻に産み付けられたタマゴはピンセットでとっています。

f:id:journal-hannah:20200620142713j:image

今日はタマゴの塊が取れました😊

 

f:id:journal-hannah:20200620143510j:image

今年から作っている産卵床にも良く産みつけてくれます✨

 

f:id:journal-hannah:20200620143822j:image

水温が上がったからなのか、たくさんの針子たちが生まれていました。

f:id:journal-hannah:20200620144149j:image

楊貴妃の針子は初めから黄色っぽいのがわかります。

f:id:journal-hannah:20200620144307j:image

謎なのは、クロメダカ×行田ブラックの針子たち。

かなり黒っぽい子が大半で、たまに白っぽい子が見られます。

大きくなるうちに黒っぽく変化しているようで、白っぽい大きな個体はいないように感じます。

クロメダカは生まれたばかりの時は白っぽいのか?と仮説を立てて、観察していこうと思います。

 

昼ごろに水面を見ると、針子がフワフワ泳いでいたので、それも別容器へ。

あまり針子自体を水槽の中で見る事はないので、生まれた針子たちは食べられてしまっているんだろうな😭

 

f:id:journal-hannah:20200620162042j:image

メダパトで見つけられなかったヤゴがトンボになって巣立ったようです。もう戻ってこないで欲しいな🧡

 

今シーズンのメダカたちはどのくらい育つのか、これからも観察していきます✨

茶色系のバラ

今日は梅雨の合間の貴重なお天気の一日でした☀️

 

庭では茶色系のバラが咲きました。

f:id:journal-hannah:20200616204439j:imagef:id:journal-hannah:20200616204452j:imagef:id:journal-hannah:20200616204543j:image

カフェラテ

 

f:id:journal-hannah:20200616204632j:imagef:id:journal-hannah:20200616204649j:image

ジュリア

 

茶色系といっても、くらべてみると色味がだいぶ違うのがわかります。

季節や温度によってだいぶ色が変わるのがバラの面白いところでもあったり✨

 

最近は熱帯植物ばかり気になっていますが、バラが咲いてくれると気持ちが華やぎます🌹