Hannahの植物&お魚日記

植物とお魚の記事を書いています

水槽温室 セントポーリア

今までいくつかセントポーリアを育ててみましたが、ほぼ全滅しています。

 

去年は4鉢ほど手に入れましたが、どんどん弱り、最後に残った1鉢を植え替えてみましたが、どうやら枯れてしまった模様です。

f:id:journal-hannah:20220111154311j:image

 

育てているとどんどん小さくなってしまいました。

土が減るので、植え替えは大切なようなのですが、なかなか出来ず後回しになっていました。

 

用土は普通の園芸用の土とはいかず、ピートモスバーミキュライトなど根の加湿を嫌う植物に使うような用土が適しているようです。

 

面倒なので、観葉植物用の用土(どんな土を使っているかは要チェック)をベースにバーミキュライトピートモスなど混ぜてみました。

f:id:journal-hannah:20220111155033j:image
f:id:journal-hannah:20220111155030j:image

この結果始めの写真の枯れ姿になりましたが、何となく理由は植えた土がきちんと水を吸っていなかった事ではないかなと思います。

ピートモスの扱いはなかなか難しいなと思うのは、カラカラに乾燥している状態だといくら水をあげても弾いてしまうのです。

おそらく数回水遣りをしたくらいでは、用土に馴染まないのだと思います。

反省です…

 

そして水槽温室立ち上げ前に、花落ちして少しお安くなったセントポーリアを1鉢お迎えしていました。

f:id:journal-hannah:20220111155738j:image

胡蝶蘭苗と共に水槽温室にて管理しています。

 

セントポーリアと胡蝶蘭は同じ様な環境下で育つのではないか?と考えてココに入れてみました。

(今月号の趣味の園芸のランのページで見ると、少し違うようですが…)

 

で、結果的には悪くないような気がしています。

 

一度花が全部落ち、長らく葉が成長していました。

水槽内は湿度があり、かと言って用土が湿ったままではないように、普段の水遣りはせずに1ヶ月に一度くらいメネデール液に浸けて水を切ります。

(胡蝶蘭苗も同じタイミングでやっています)

 

最近は水槽管理が安定してきていて、あまりじっくり観察をしていなかったのですが、

この間花芽を発見しました✨

f:id:journal-hannah:20220111160725j:image

f:id:journal-hannah:20220111160741j:image

横から見たら幾つか花芽が✨

一度終わった株から花芽が出るのは初めてかも知れません!

セントポーリアは空中湿度が大切なため、我が家の環境だと育ち難かったのですが、この水槽温室内では環境的に良かったのだと思います。

 

そしてアクシデントで折れてしまった葉を水につけていました。

セントポーリアは水挿しが簡単と聞いていたのでトライしてみました。

 

長いこと葉のままでしたが、ある時白いモヤモヤが出てきて、緑のプチっとしたものが出現してきました。

どうやら葉のようです!

f:id:journal-hannah:20220111181025j:image

f:id:journal-hannah:20220111181029j:image

これは機会を見つけて植える必要がありそうです。

 

冬の管理はだいたい掴めてきました。

あとは水槽温室から出した後、夏の育て方も考えなくてはなりません。

シリーズ続くかな?

 

 

胡蝶蘭苗 生育中

立川で行われたラン展で、念願の胡蝶蘭苗を手に入れ、水槽温室にて管理し始めました。

journal-hannah.hatenablog.com

 

アップデートした水槽温室は熱帯魚用のヒーター26度(28度と思い込んでいた)だと、外気温によっては充分ではない日があるで、温度調節ができるヒーターに変更しました。

26度ヒーターは新しく立ち上げたベタ水槽で使いました。

journal-hannah.hatenablog.com

 

温度調節ができるので、温度を上げれば空気も暖まるのですが、サーモスタットがたびたび働いているのか何となく安定しないような難しさがありました。

温度設定を少し高く28度あたりで管理中です。

 

朝にガラス蓋をずらして空気を入れ替えします。

f:id:journal-hannah:20211205094308j:image

朝は水槽の暖かさで曇っています。

胡蝶蘭の生育環境では夜に霧がやってきて、夜に活動します。

この環境は生育環境と似ていて良いのかもしれません。

f:id:journal-hannah:20211205094312j:image

朝は必ず蓋を開け、過湿を解消します。

ずーっと加湿したままでいるとカビの原因にもなるそうです。

 

設置している場所はわりと寒く、今の季節窓を開けて室温10度くらい。

水槽は蓋を開けても下からの暖気で暖かく、温度は若干保たれ、16-19度あたりになっています。

 

夕方にガラス蓋を閉め、水槽内で再び湿度が高くなるようにしています。

 

今はこんな感じに管理していますが、買ってきた時よりも成長しているように感じます。

f:id:journal-hannah:20211205100108j:image

葉が少し大きくなり、根冠も見えるようになりました。

f:id:journal-hannah:20211230111429j:image

葉もピンとして上を向いている感じ。

その中でも一番右端のアマビリスはあまり調子が出てきません…

f:id:journal-hannah:20211230111702j:image

ようやく最近になって根冠が出てきました✨

環境に順応しようと頑張っている、そう思う事にします。

 

そして、ハミングバードの根元にポッコリしたものが!

f:id:journal-hannah:20211230111923j:image

これは…花芽感があります❗️

期待✨

 

スターライトは一番始めに根冠ができてきて、根がかなり元気です。

f:id:journal-hannah:20211230112159j:image

葉もイキイキしています。

 

水槽温室の底に入れている水は結構蒸発します。

しっかりチェックしないと干上がってしまいます。ヒーターを守るためにも500mlペットボトルの水を用意していますが、足りない時もあります。

その蒸発のせいか、乾燥激しい我が家に潤いがもたらされているのか夜中にケホケホしなくなりました。

 

トレイに水を入れているので、トレイを取り出せば簡単にお掃除できるのも良かったです。

今のところこのバージョンで管理していきます❕

ニムファ水槽

 

長らく憧れていたニムファ水草水槽。

journal-hannah.hatenablog.com

 

水槽に虫が出て終了になってかなり経ちました…

 

使っていた水槽も撤去となり、夢は叶えられぬまま。

 

それが、ちょっと前に水槽を立ち上げる気になり、新しいプロジェクトとして走り出しました。←言い方w

journal-hannah.hatenablog.com

 

水槽に植える事にしたのは、ムカゴを越冬させ初夏に外植えしたものを取り込んだ株。

アクアリウムで使われるニムファではなく、普通の園芸品種の熱帯睡蓮です。

 

ニムファ類も元々熱帯睡蓮なのと、昔何かで読んだ事がある、ムカゴ種の熱帯睡蓮はアクアリウムに使える説を再度挑戦してみたいのと、

(なぜムカゴ種なのかは分かりません。強健だからかな?)

単に熱帯睡蓮の冬越しと、お魚水槽が一緒にできるのは非常に合理的である!

というのがあります。

 

そして立ち上げからの成長記録。

f:id:journal-hannah:20211215182250j:image

Day1

フレッシュな葉はとりあえずそのままにして植えました。

 

f:id:journal-hannah:20211215182431j:image

Day4

少し経つと、元からあった葉がとけてきたのでカットしました。

f:id:journal-hannah:20211215182556j:image

よく見るとエノキみたいな新しい葉が出てきました。

 

f:id:journal-hannah:20211215183804j:image

Day7

新しい葉がグングン出てきました。

 

f:id:journal-hannah:20211215184311j:image

Day9

ヘラ状の葉から丸い睡蓮らしい葉が出てきました。

 

f:id:journal-hannah:20211215184638j:image

Day17

しっかりした葉が伸びてきました。

 

f:id:journal-hannah:20211215184839j:image

Day20

かなり繁茂してきました。

 

f:id:journal-hannah:20211215184934j:image

 

熱帯睡蓮は球根なので、葉を展開させる力がだいぶあります。

 

f:id:journal-hannah:20211215185245j:image

尾かじり王子も森みたいになった水槽を気に入っている様です。

 

球根の大きさによって葉が出てくるスピードは若干違いますが、葉が出てから葉のサイズアップしてくのは大体同じでした。

環境でそうなっているのかもしれません。

f:id:journal-hannah:20211215190110j:image

それにしても、成長が早い。

ベタのフンの栄養分を睡蓮は吸収しているのかな?

 

f:id:journal-hannah:20211215193610j:image

尾かじり王子が水槽前面を右、左と泳いでいてうっすら轍みたいな筋が現れてきました。

尾も擦り減っていくのではないか?と心配ですが、本人は楽しそうなので良しとします。

 

ベタ 尾かじり王子

我が家にやってきたベタ、なかなか臆病な性格のようです。

journal-hannah.hatenablog.com

 

やってきた時は綺麗なハートみたいな形の尾をしていました。

f:id:journal-hannah:20211209193836j:image
f:id:journal-hannah:20211209193839j:image

こんなに立派なヒレを持つベタは初めてです。

 

1番初めに飼っていた、真っ白なトラディショナルベタのうなぎも、長いヒレがありましたが、

うなぎはよくヒレにピンホール状の穴ができていました。

f:id:journal-hannah:20211213083951j:image

在りし日のうなぎ

 

それが心配の種になっていたので、ヒレのあるベタは大変なんだなぁと思っていました。

ひらめはプラガットベタでしたので、ヒレはそこまで長くなく、ヒレのトラブルは皆無でした。

 

そんな事をすっかり忘れてひらひらしたベタさんをお迎えしてしまいました。

過去最大なヒレを持つこのベタさん、

なかなかお名前が決まりません。

 

赤いから金目鯛のキンちゃんとか、エラが黒いのでノドグロとか、魚に魚の名前をつけようとする頭のオカシイ飼い主ですw

でもピンとは来なくて、ずっと魚さんと呼んでいます。

 

日々観察をしていると、今までのベタとは様子が違います。

部屋に掃除機をかけていたら、うるさかったのか影が怖かったのかピューンと隠れてしまいました。  

本当に臆病な猫の生まれ変わりなんじゃ…?

とか思ってしまいます。

f:id:journal-hannah:20211209212051j:image

毎日エサをあげながら観察をしていると、我が家へ来た時より尾が長くなっているように感じました。

尾びれの端が透明になり伸びているのです。

f:id:journal-hannah:20211209212337j:image

それに伴いハートの形の尾は丸く見えるようになってきました。

 

エサを食べて大きくなったのかな?

この水槽気に入ってくれたかな?なんて思っていたら、事件が発生します!

 

f:id:journal-hannah:20211209212604j:image

夕方にライトをつけると、クラウンテールになったように尾がギザギザに。一部は無くなっています。

何かに引っかかって切れてしまったかとおもいましたが、底にいつものフンよりも赤々しいフンらしきものが…

f:id:journal-hannah:20211209212841j:image

何度か聞いたことのある、尾かじりってやつ…?

ベタを飼っているブロガーさんも書いていたのを覚えています。

 

ひぇー尾かじり!

調べるとストレスや遺伝や様々な要因があるそうです。

 

この魚の性格的にもビビりな感じがするので、外的要因にストレスを感じやすいのかもしれません。

f:id:journal-hannah:20211209213328j:image

今は更に尾が短くなり、上の一部分だけ長いので、ソードテールみたいです。

短くなった尾でも楽しそうに泳いではいますが…むしろ楽しそう?

 

訳ありベタって性質が訳ありだったのでしょうか?←まさかねw

飼い主はオロオロしても始まらない❕と気を強く、毎日しっかり観察する事にしました。

普通に元気そうです。

 

ふと「尾かじり王子」と浮かんだので、それが名前になっちゃうかもしれません。

 

改めて、魚にもいろんな性格があるなぁと面白く感じます。

 

 

新しい魚 猫みたいな性格❔

金魚やベタを色々と飼ってみて、魚の性格はかなり個性豊かだといつも思うのです。

 

メダカやグッピーなどの小さい熱帯魚などは、大体何匹か同じ水槽にいて、強い者、弱い者などで力関係が出来上がっていたりして、また違うお魚が来るとバランスが変わったりする。

そんな場合は、大抵大きい魚が強かったりするなぁと観察していると思います。

(消えたちびっこメダカは例外かもな…)

journal-hannah.hatenablog.com

 

前に、川で掬った何かしらの稚魚数匹と、大きくなったメダカが同居している水槽があったのですが、その時点ではメダカが1番大きくて強かったのです。

f:id:journal-hannah:20211202194349j:image

エサをたくさん食べ、稚魚が成長するとその中の2匹はアブラハヤで体が大きくなりました。

すると、メダカは小さくなり、少し端にいるようになりました。

f:id:journal-hannah:20211202194416j:image

( そのうちに自分はハヤだと思ったのか、ハヤみたいな振る舞いになりました。エサの食べ方とか。←私の主観的な意見です)

 

 

戻って、金魚やベタは1匹ずつ飼ってきたため性格がわかりやすいのかもしれません。

 

今回やってきたのは、再びのベタ(ツインテール)です。

私は、なんかこの子❕というような運命的な出会いでお魚を迎えますw

お値段によっては運命論を支持しない場合はあるでしょうが、それは身分の違う恋みたいなものかもしれません😆

 

この新しい子は訳ありベタという札の信じられないお値段だったので、私のお財布事情と状況と運命的です✨

 

連れてきた新しいベタさんは温度合わせでスポイトを入れると「何それ❔」みたいに近寄ってくる、ベタに良くある人懐っこい感じでした。

f:id:journal-hannah:20211122225310j:image

水槽に放すと、の〜んびりあちら、こちらへと散策に出かけて行きました。

 

エサをあげてもすぐには飛びつきません。ジーっと見つめてから頂きます。

(ショップで与えられていたエサによって、食べる食べないってのがあるのかもしれません。

前に飼っていたメスベタちゃんは「まずい〜」と毎回吐き出していたのでエサを変えましたw)

 

近寄ってきたので、指をトントンすると逃げて行きまた戻ってきました。

もう一度トントンしようとしたら爪が当たってしまい、カツンと音を立てた瞬間ピューンとどこかに行ってしまいました。

 

それ以降、その日は水槽内に姿を現しませんでした。

ずっとポンプとヒーターに挟まって、そんな所に隙間あったのか!って隙間に隠れていました。

f:id:journal-hannah:20211122225502j:image

f:id:journal-hannah:20211203193917j:image

夜電気を消したら、ソロソロっと出てきては、目が合うと逃げていきましたw

 

ツンデレ猫みたいな魚だなぁ、というのが最初の印象です。

もしくは野良猫❔

まずはエサをくれる存在くらいから関係を始めます。

f:id:journal-hannah:20211122225925j:image

この子は結構あくび🥱をします。お魚のあくびはリラックスしている証拠だと思っています✨

 

ひらめみたいに初めは怒って近寄りもしないお魚さんもいましたから、魚の性格は本当に面白いです。

 

 

 

New Project

ひらめ亡き後、やっぱり家の中に生き物がいないのは寂しいな〜と思っていました。

お魚ロス❕ひらめロス❕

 

植物はたくさんありますが、やっぱりアイコンタクトのできる生き物っていいですよね〜✨

 

ひらめ水槽に外から引き上げてきた熱帯睡蓮を入れ越冬させようと思ったのですが、あらゆる生物が出てきました。

ミジンコ、イトミミズ、巨大なイトミミズ、カワコザラガイなど。

前に水槽に出た水草を齧るあの虫もいました…

journal-hannah.hatenablog.com

 

外から持って来たものはやっぱり処理した方が良いですね…

f:id:journal-hannah:20211119163834j:image

↑生き物たちが出てくる前

 

巨大なイトミミズはある意味生き物でしたけど、結構気持ち悪いのもあり水槽内をリセットすることにしました。

(観察はしてたけどw)

 

そして新たなプロジェクトとして、水槽を立ち上げます!

初めての底面フィルターを導入してみよう!と閃いてしまったのです✨

(掃除したら出てきたので使いたくなった、が正しいかもです…)

 

今回は水作のボトムフィルター➕スペースパワーFit +を連携させて使います。

下に濾過マットを敷きました。

f:id:journal-hannah:20211119182209j:image

底面フィルターは連結させたらちょっと大きかったので、カットしました。

前に見たアクア系YouTuberさんが、底面フィルターが大きいと言ってカットしていたのでやってみました。

普通なのかもしれないけれど、私はびっくりしたのです。そんな自由にやっちゃっていいんだぁと❕

 

そして、スペースパワーFit +の底のまあるい所を取ります。

ニッパーでくっついている箇所を切り離しました。

f:id:journal-hannah:20211120010323j:image

ボトムフィルターに同包されているパーツを底面フィルターにジョイントさせます。

最下部のスポンジにも穴の切り取りがあるのでセットできるのですが、装置し忘れてしまった模様…

f:id:journal-hannah:20211121000649j:image
f:id:journal-hannah:20211121000504j:image

別々にも使えて、ジョイントさせて一緒にも使えるっていうのが感動的です。

何よりスペースパワーFit +は音が静かで、今まで使っていたものよりすごく良い✨

(コレを使うのも水槽に虫が出て以来です♪)

 

砂利を敷き、植えるのは熱帯睡蓮です。

f:id:journal-hannah:20211120011251j:image

ポットから球根を抜き洗い、
f:id:journal-hannah:20211120011246j:image

いつものお薬に浸します。

 

熱帯睡蓮の越冬を水槽に植えてやってみる事にしました❕

憧れのニムファ水槽の夢はまだ叶っていないのです。

journal-hannah.hatenablog.com

 

f:id:journal-hannah:20211122221856j:image

と、いう事で水槽を立ち上げ、次に出会えるかもしれないお魚を待ちます♪

 

 

胡蝶蘭 病気とお薬

お魚でも、植物でも、人間でもお薬や治療のタイミングによって良くなったり、悪くなったりするのっておんなじなんだな〜とよく思う。

 

胡蝶蘭のフザリウムを検索し、ありふれたカビ菌が弱った場所から入り致命的になるという記事をたくさん読んだ。

(自然治癒する事もあるようではあるけど、症状が進んだ状態だとそのまま枯れるケースが多いようだ)

f:id:journal-hannah:20211119115110j:image

始まりは潜在している菌。

 

確かに、人間の私も今年は軽い症状などが出て、病院で抗生物質ステロイドを処方された。

抗生物質はその症状を緩和するけど、必要な腸内の菌も殺してしまうし、

ステロイドはずっとある手荒れに効いて服用していた一瞬だけ手がつるりとした。

(手荒れ用に飲んだものではなかったのだが…)

一長両端だけど、必要な時もあるな、と思う。

 

胡蝶蘭の表面にお茶の出がらしを巻いてみて、表面の黒い所はこそげ落とした、けど中に侵入した菌には効かないかも?と冷静に思う。

f:id:journal-hannah:20211119114144j:image

根もだいぶカット。

 

フザリウムは色んなところから侵入するようだけど、道管や維管束みたいな所にダメージを与え、水を吸水できなくなって植物は枯死してしまうらしい…

 

事件は中で起きている❕

という事で、何かお薬を使った方がいいのかもしれないな、と思い始める。

 

エムダイファーというのが1番使われている感じがした。その他にも色々記載はあったけど、我が家のストックにあったのはオーソサイド。

これはカビ予防に使うもののようだけど、今できる事をするならばコレを使うしかないかな?

 

胡蝶蘭の育て方Q&A【胡蝶蘭の愛華園芸】

ケーススタディ

 

どの記載にも希釈濃度が書いていなかった。

リストの中で短絡的に観葉植物を見てその濃度で作ったけど、大丈夫かな?800倍とか。

f:id:journal-hannah:20211119114707j:image

オーソサイドは作り方が簡単で使いやすい。

f:id:journal-hannah:20211119114805j:image

ぬるま湯で溶いた薬💊に患部を漬けました。

最後に葉の部分も逆さにダイブインして全体に行き渡るようにして、ぶら下げ乾燥。

 

説明文をさらりとしか読まなかったけど、

ダイン(展着材)を使うと尚良し、と書いてあり、あらら浸透性の薬剤ではなかったのかも…

ベーシックな殺菌方法なようなのでら何ら悪い事はない!と思う事にする事にします。

 

とりあえず再び経過を観察してみます✨

ちょうどラン熱がある時に、色々勉強と観察ができて楽しいこの頃です♪