Hannahの植物&お魚日記

植物とお魚の記事を書いています

季節は秋 パープリッシュな花々

日差しは暑いけれど、日陰の空気はひんやりと涼しいような日も多くなりました。

空の高さや、空気がすっかり秋を感じるようになりました。

 

彼岸花の咲く季節。

我が家は陽当たりがあまり良くなくあまり咲きません…

 

久々に庭を見ていると、色々な花が咲いていました。

秋になると良く咲くようになるハイビスカス。

こちらは大好きなデニムブルー

f:id:journal-hannah:20220910222747j:image

温度によってだいぶ色味は変わります。

微妙な色合いが好きです♪
f:id:journal-hannah:20220910222750j:image

また違う日に咲いたもの。

f:id:journal-hannah:20220910222948j:image

 

私はなんでも紫色っぽい花が好みの様で、そういう花に目がありません。

 

挿木をして今年花を付けたムクゲも紫色。

f:id:journal-hannah:20220911120110j:image

f:id:journal-hannah:20220911115652j:image

蕾はたたくさんあるけど、なかなか咲きません。

ゆっくりゆっくり一つずつ咲いています。

八重咲きだからなのか、鉢が小さいのかも知れません。

 

そして熱帯睡蓮。今年は3個か4個目の花✨

庭を見る時間もなく過ごしていたので、1日目の花に遭遇出来たことはラッキーです!

1日目

f:id:journal-hannah:20220911120346j:image

2日目

f:id:journal-hannah:20220911120532j:image

3日目

f:id:journal-hannah:20220911120553j:image

前にもあれ?って思った事があったけれど、熱帯睡蓮は4日咲く事がありますね。

journal-hannah.hatenablog.com

 

4日目

f:id:journal-hannah:20220911120609j:image

少しずつ花の変化が感じられます。

私はネクターセンターの開いている1日目の花が好きだなぁと思います。

4日目の花も咲いている花からはいい香りがします。

 

紫色と一言で言ってもたくさんの色幅がありますね。

 

次なる紫色の花の候補は、去年買った胡蝶蘭です❗️

f:id:journal-hannah:20220911121351j:image

胡蝶蘭たちはたまに水をかけたりするだけで、観察していませんでしたが、こうやって花芽が伸びてくると、知らぬ間に成長していたのだな、と思います。

journal-hannah.hatenablog.com

 

秋の花は花数が、多くて賑やかです。

ホトトギス

f:id:journal-hannah:20220911121800j:image

カクトラノオ
f:id:journal-hannah:20220911121757j:image

秋カラマツ
f:id:journal-hannah:20220911121803j:image

季節の変わり目、身体にも影響があります。

まだ暑さも残ります、お身体ご自愛くださいませ。

水生植物 色々咲く✨

いくらか涼しくなった日、通り過ぎる家々で庭のお手入れをする姿を見かけました。

最近はかなり暑かったのでセミもあまり鳴かず、涼しくなって鳴いているのに気がつきました。

今年は夏が早く来たので秋も早く来るのでしょうか?

 

プルメリアがよく咲いています♪

f:id:journal-hannah:20220806221834j:image

このジュビリーは香りが強く離れていてもいい香りがします。

今年は真ん中が少し黄色っぽい。

f:id:journal-hannah:20220806222057j:image

このクルクルっと開いていくのがかわいいです。

そして、花芽を飛ばしがちなアデニウムも咲きました♪

f:id:journal-hannah:20220813153209j:image

これはダイソーデパート産アデニウムで、

多分まともに花を見たのは初めてです。

赤っぽいアデニウムなのが嬉しい😆

 

さて、水生植物です。

6月ごろに、去年植えたままで外へ出した熱帯睡蓮へ、せっせと追肥していたところ葉が大きくなりました。

↓ここで追肥した花ごころ水生植物の肥料がかなり良いです✨

journal-hannah.hatenablog.com

 

そんなある日、かなり存在感あるものが立ち上がって来ました。

 

熱帯睡蓮リンジーウッズ
f:id:journal-hannah:20220807122348j:image

毎日メダカにエサをあげているのに全く気がつかず…

咲くか、咲くかと待っていましたが花を見る事はできませんでした…

(熱帯睡蓮あるある。タイミングによって咲いてる時になかなか出会えない)

f:id:journal-hannah:20220807122453j:image

f:id:journal-hannah:20220807125217j:image
f:id:journal-hannah:20220807122449j:image

家族が撮ってくれた写真

f:id:journal-hannah:20220807122846j:image

見たかったな…

熱帯睡蓮は温帯睡蓮にない色が魅力ですね。

そして球根状で根が横に伸びないため、栽培容器に合わせた成長をしてくれるので、割とコンパクトに育てられます。

 

温帯睡蓮は根茎が成長とともに伸びるので、小さい容器だと成長点がすぐに鉢から出てしまいます。

 

我が家の咲かない睡蓮(おそらくオドラータ)は陽が足りないため、施肥をしても花芽が出ないようです。

根茎が伸びやすいためすぐに鉢の縁に到達してしまいました…

 

そしてハワイアンゴールド5個目の蕾。

f:id:journal-hannah:20220807123952j:image

朝見たら…咲いた後?

横に倒れています。

f:id:journal-hannah:20220809200809j:image

開いてみたら1日目の咲き方でした。

f:id:journal-hannah:20220809200854j:image

 

そして、ガガブタも、午前中に蕾が出ていて、お昼くらいに咲いていました♪

f:id:journal-hannah:20220807124045j:image

かわいい1日花

f:id:journal-hannah:20220807124042j:image

ブースター肥の効果を実感しました。

 

↓過去記事:肥料の効果

journal-hannah.hatenablog.com

 

台風で雨の日、ふたつ目の蓮の花

f:id:journal-hannah:20220813152636j:image

 

そして、一つめの花から間髪入れずに開花した熱帯睡蓮✨

f:id:journal-hannah:20220813152718j:image

タイミングバッチリで1日目の花を見れました✨

 

 

待望 蓮の開花カウントダウン

幾度となく蓮を育ててきて、初めての蓮開花までを観察しました。

 

まずは今年の初心表明

journal-hannah.hatenablog.com

 

Day1:ある日蕾を発見!

f:id:journal-hannah:20220807132610j:image

小さくて本当に咲くのだろうか?と思いながら観察スタート。

 

Day2:成長がかなり早く、花茎が伸び、蕾は膨らみを増してきました。

f:id:journal-hannah:20220807132757j:image

f:id:journal-hannah:20220807132759j:image

Day3

f:id:journal-hannah:20220807133739j:image
f:id:journal-hannah:20220807133736j:image

Day4

f:id:journal-hannah:20220807133855j:image
f:id:journal-hannah:20220807133858j:image

Day5

f:id:journal-hannah:20220807134016j:image
f:id:journal-hannah:20220807134019j:image

Day6:蕾がもう一つ上がってきました✨

f:id:journal-hannah:20220807134208j:image
f:id:journal-hannah:20220807134205j:image

Day7

f:id:journal-hannah:20220807134343j:image
f:id:journal-hannah:20220807134349j:image
f:id:journal-hannah:20220807134346j:image

Day8:蕾が膨らんできた頃の施肥は効果があるのか?と思い、追肥をしてみました。

f:id:journal-hannah:20220807134500j:image
f:id:journal-hannah:20220807134457j:image
f:id:journal-hannah:20220807134503j:image

Day9:ガクが開いてきました。

開花までもう少し!

f:id:journal-hannah:20220807134531j:image

 

Day10:朝少し開く!

f:id:journal-hannah:20220808202620j:image
f:id:journal-hannah:20220808202623j:image

 

そして事件が❗️

帰ってきて蓮を見ると折れていました😭

なので切り花にする事に…悲しい😢

 

 

蓮は水揚げもあまり良くないはずです…

長めの花瓶に入れて水があがるのを祈ります🤞

 

Day11:蕾開く

f:id:journal-hannah:20220809194132j:image
f:id:journal-hannah:20220809194135j:image
f:id:journal-hannah:20220809194129j:image

なんともかわいい💕

 

夜はつぼんだままでしたが、朝になると開いていました。

そしてまた夜に閉じてしまいます。

 

この蓮は大木園芸さんの手乗り蓮で、菊花粉という品種です。

幾つか品種があった中でなぜこの品種を選んだのか忘れてしまいましたが、うっすらピンク色が品があってきれいです。

 

いつか見たサイトでは、なかなか咲きやすい品種のようでした。(そのサイト見つからず…)

 

あとは、もう一つの蕾を見守ることにします!

 

観察は続く✨

 

 

 

プルメリア 開花と、蓮

毎日暑いですね。

場所によっては局地的な豪雨になったり大変な事もあります。

私が住むあたりでは10年ちょっと前あたりから夕立ちがなくなった様に感じます。

 

それまでは、夕方に大体雨が降るので、植物の水やりはだいぶ助かっていたのです。

 

色々な環境が変わったのでしょう。

そう考えると、「昔はこんな事なかたのに」というのではなく常に変化をしているのだなぁと思っていてもいいのかもしれないな〜と思います。

ちょっと雨の力が欲しいこの頃です。

 

毎朝メダカに餌をあげながら、サッと庭を見てバタバタ出かける日々です。

 

なので休日に庭を見ると結構変化が見られます。

知らぬ間にフウランが咲いていました。

f:id:journal-hannah:20220730140353j:image

バンダが好きでたくさん育てていましたが、冬に水管理がどうも難しく諦めてしまいました。

フウランは日本にも自生しているので、外に置いておいてもオッケーなところが良いです。

 

だんだんと育てるのが簡単なものへシフトしつつあるのかもしれません。

 

蕾だったプルメリアも開花しました♪

f:id:journal-hannah:20220730140904j:image
f:id:journal-hannah:20220730140858j:image
f:id:journal-hannah:20220730140901j:image
f:id:journal-hannah:20220730140907j:image

まだまだぎっしり蕾があります。
f:id:journal-hannah:20220730140909j:image

オンシーズンに咲いてくれると次から次へと花が楽しめて嬉しいです。

 

前回記事もプルメリアでした。

journal-hannah.hatenablog.com

 

咲かないプルメリアには原因があるよ!というブログ記事を読みました。

枝が多すぎると栄養が分散されて咲きづらくなる、との事が書いてあり勉強になりました。

 

我が家のプルメリア分枝が進み、なかなか咲きづらい状態なのかもしれません。

 

反対にアデニウムは割と咲きやすいなーと感じます。

f:id:journal-hannah:20220730141828j:image

サイズもプルメリアに比べて小さいので、環境さえ合えば蕾が出やすいかと思います。

私は水不足で花芽を飛ばしがちなので、水管理は上手く行っていないのですが…

 

そして、これは!と思うものを発見✨

f:id:journal-hannah:20220730142115j:image

これは絶対に蕾❣️メダカのタマゴが干からびてついていますが…
f:id:journal-hannah:20220730142112j:image

私の蓮への憧れはもうかなり長いものでして、子供の頃から、実験、研究を繰り返してきました。

種から育てた事はたくさんありましたが、大きくは育たなかったり、蕾を持つまでに至らなかったのです…

なので、人生で初めての蕾です✨

 

蓮の蕾がどうやって大きくなるのかは、目前で観察するのは初めてです。

上手く花開くかはまだわかりませんが観察してみます。

 

にしても、この蓮はバケツみたいな容器で育てていますが、水の減りが早いです。

メダカもいるので毎朝水を満たしてから出かけるのですが、夕方には減っています。

蓮の葉の蒸散量は大きいのでしょうか?

 

そして睡蓮ハワイアンゴールド。

4個目の花を撮りそびれ…

f:id:journal-hannah:20220730143023j:image

閉じたところ。

 

花は終わり、次の5個目の蕾ができています。

本当に良く咲いてくれます。

 

元気な夏の植物たちでした🪴

植物たちにブースター追肥

短い梅雨が明け、夏日、そして雨続きと

なかなか庭に出れず、観察もサボり気味。

 

今日は久々に晴れ、ちょっとは庭でも見ようと外へ出ました。

 

けばけばしいオニユリが咲いています。

f:id:journal-hannah:20220717131552j:image

元々は園芸品種のとあるユリだったはずなのですが、移植するとオニユリが出てきてしまうのです。

そんな事あるかい?と思うのですが、何度かやってオニユリがたくさん出ました。

(調べていないので原因は謎のまま)

 

夏にずっと咲いているフロックスも今年は良く咲きました。

 

f:id:journal-hannah:20220717132029j:image

f:id:journal-hannah:20220717132127j:image

 

季節がすっかり夏なので、これから生育期な植物たちへブースター追肥をしています。

プルメリアは今年は葉が出てくるのは遅めでしたが、メキメキ葉を出してきたので、肥料を与えました。

f:id:journal-hannah:20220717183809j:image
f:id:journal-hannah:20220717175948j:image

いつも固形の油粕をあげています。

↓この肥料がとても良く、発酵されているため匂いが出ないのです。

台風が来るたびに玄関へ取り込むので、普通の有機肥料だとかなり匂いが出るのですが、こちらだと安心です。

 

今まで有機肥料のみを与えていましたが、今年は化成肥料も少し与えてみる事にしました。

(肥料の在庫がバラ用しかなかったのでバラ用をあげました)

果たしてどうなるか?

 

水生植物たちにも定期的に追肥をしています。

かろうじて冬越しをした熱帯睡蓮は6月過ぎに外へ出し、小さい水中葉しか出ていませんでした。

 

施肥をしたら、浮葉をひょろりと出し、気がついたら大きな葉を出していました。

f:id:journal-hannah:20220717200026j:image

f:id:journal-hannah:20220717194258j:image

 

弱々しかったガガブタにも追肥をしたところ、容器の半分くらいの大きさの葉っぱが…

f:id:journal-hannah:20220717194747j:image

ほぼ水面を覆ってしまうくらいになりました。

 

古葉をカットしながら葉の裏に殖芽が出ているかチェックしてみました。

何か出てきそうです。

f:id:journal-hannah:20220717195011j:image

古い葉の裏には何もありません。

f:id:journal-hannah:20220717195116j:image

葉一枚で売られているのも見るので、葉だけ浮かべても株になるのかも。

私は冬に葉が溶けた後の殖芽を集めて春に植えていました。

ちょっとムカゴの熱帯睡蓮的なところがあります。

 

そして、花芽のサイクルが一番いいのはハワイアンゴールドです。

花が咲いた頃には次の花芽ができているくらいの花上がりの良さ。

f:id:journal-hannah:20220717195642j:image

次の花芽で今年四つ目です。

f:id:journal-hannah:20220717195742j:image

我が家の環境ではなかなか良い結果です。

 

そして蓮。

こちらも古葉をカットしたら、プクプク音がします。

見てみたら切った場所から空気が出ていました。

f:id:journal-hannah:20220717200222j:image

蓮は茎の穴に空気を溜めているようです。

こちらは花芽は確認できず、マメに追肥しています。

 

水生植物には花ごころの水生植物用肥料を与えているのですが、効きがかなりいいです。

 

肥料を与えた時の記事↓

journal-hannah.hatenablog.com

 

睡蓮は肥料も大事ですが陽当たりも大事ですね。

陽当たりが少し足りないおそらくオドラータは葉っぱだけ大きくなりました…

f:id:journal-hannah:20220717201939j:image

一度も花を見たことが無いので見たいのですが、今年はどうでしょうか❓

夏日 熱帯植物と睡蓮

梅雨に入ったかと思っていたら、夏みたいなお天気に。

衣替えにと、冬物をしまう前に洗ってもカラリと乾いてくれました。

 

にしても、日本の気候はほぼ夏と冬なんじゃないか?と思うこの頃。

春や秋の薄めの上着を着る機会がないなぁ〜と服をしまいながら思いました。

 

夏が長いはずなのにプルメリアはなかなか咲かないなぁ〜と矛盾を感じながら水遣りをしていると、花芽を発見✨

f:id:journal-hannah:20220626090515j:image

我が家では一番咲いているジャングルジャックスのジュビリーです。

 

咲いた時のブログ↓

journal-hannah.hatenablog.com

 

去年は植え替えをしました。

journal-hannah.hatenablog.com

 

2020年に咲き、2021年に植え替え、今年花芽がつきました。

他は花芽は見えませんでした…。

 

漫然と管理しつつあるので、何か変えてみようかな〜と思います。←やらないテンションw

 

今年はホームセンターでプルメリアが入荷しているのを発見したので、またやる気が出るかもしれません✨

 

先日植え替えをしたバナーヌも順調に葉を増やしております。

f:id:journal-hannah:20220626092634j:image

 

バナーヌ植え替え記事↓

journal-hannah.hatenablog.com

熱帯系の植物は温度さえあれば、大抵のものは難しいものではないのかもしれません。

 

ハイビスカスも咲いてきました。

まだ少し涼しい季節だったので色が濃い。

f:id:journal-hannah:20220626093224j:image 

デニムブルーも花芽が膨らんできました✨

 

睡蓮の2番花が咲きました。

1日目

f:id:journal-hannah:20220626093640j:image

2日目
f:id:journal-hannah:20220626093552j:image

下には次の花芽ができています。

前回の花ガラを切ったら、中から種状のものが出てきました。

f:id:journal-hannah:20220626094152j:image

ゼリーに包まれていて乾燥しない様な仕組みになっているみたいです✨

一応種らしきものを集めておきました。

 

蓮は立葉がなかなか勢いがなく、追肥をしたら次の日には葉が元気に。

f:id:journal-hannah:20220626093956j:image

睡蓮よりも肥料要求度は高めな気がします。

 

 

道ゆくアジサイたちが焼け始めました😭

我が家も日差しで焼けてしまいました…

f:id:journal-hannah:20220626094927j:image

そう考えると季節はかなり短い間隔で変わって行くのだな〜と実感しました。

24節気よりも細かく分かれた暦もあるくらいですから。

日々の変化を楽しみながら、花を愛で観察を続けます。

 

熱中症には気をつけていきましょう☀️

 

 

ネジリソウ探し

気がつけば草地に華やかなものが!

f:id:journal-hannah:20220618134452j:image

ネジリソウ、ネジバナ、モズジリ

知っている限りではこんな風に呼ばれているラン科の植物。

 

子どもの時にあった空き地にたくさん生えていて、引っこ抜こうと沢山トライして大体抜けずに上部のみ取れる、というのを毎年繰り返していました。

 

根(根茎?球根?何という名前なのでしょう?)の部分が抜ける事はなかなかないのです。

 

我が家にもネジリソウを自生させたいな〜と夢見てはなかなかできていません。

一つの株のサイクルは意外と早い様な気もしています。

 

私が変なものが好きだと知ってか、田舎に住んでいるおばさんが立派なネジリソウを送ってくれた事があります。

(子どもの頃はクワガタとかも送ってくれましたw)

 

大切にしていましたが、それも数年で消えてしまいました。

 

今年も思い出深いネジリソウの季節です。

f:id:journal-hannah:20220618155939j:image

だいたい生えている場所は草地で、周りに一緒に生えている草も同じだったりします。

 

芝生にも良く生えているし、こういう場所には大体あるよなーと思う所には大体生えているので、見つけるのは難しくありません。

 

草地をさっとみてあるか探すのが楽しいです。

 

街路樹の端にもありました。

f:id:journal-hannah:20220618160346j:image

ちょっと白っぽくて大きな個体でした。

 

意外と種で生育地を広げていく戦法のようで、環境が合う場所には沢山出てきます。

 

今年も差し支えない草地からちょっと引き抜いてみようと引っ張ってみました。

f:id:journal-hannah:20220618160805j:image

やっぱり一つしか抜けませんでした。

 

大人になってもやっている事が全然変わらないのでした。

 

良く見るとかわいい花✨

f:id:journal-hannah:20220618160938j:image

もう少しシーズンは楽しめそうです。