Hannahの植物&お魚日記

植物とお魚の記事を書いています

夏の出来事 ーベタの王子

ようやく朝晩の暑さが和らいできました。

陽が短くなって、急に秋を感じます。

 

暑い夏にあった事を思い返してみます。

 

調子を崩していたベタの王子が⭐︎になりました。

 

前回の王子の記事↓

journal-hannah.hatenablog.com

 

f:id:journal-hannah:20231003224541j:image

一度元気になったものの、全快とは行かなかったようです…

 

また転がってしまい、それから何週間かその状態で過ごしました。

 

毎日王子の生きようとするパワーをすごく感じました。

頑張ってエサを食べる姿、毎朝生きてるよ!という姿。

 

だからこそ、転がりながらも何週間も生きていたのだろうな。

エサを食べなくなってもずっと生きていた。

その生命力に毎日パワーを貰った。

 

私にはどうする事もできなかったけれど、毎日話しかけ、王子を最後までお世話する事を誓いました。

 

とうとう最後という時、王子は私を見ると水面まで泳いで挨拶をしてくれました😭

 

(お魚の最後はいつもそんな感じがします。ヒレを振ってくれたり、頑張って泳いで来てくれたり。)

 

f:id:journal-hannah:20231003225732j:image

ありがとう♡かわいい王子

 

こうして王子の最後を看取り、もう当面お魚は飼わないような気がしました。

それだけ印象深く、学ぶ事、教えられる事がたくさんあったな、って思いました。

 

最近YouTube でお魚を治療しているシリーズを見ていて、魚が一度体調を崩してしまうと、なかなか元気を取り戻すのは難しい事なのだと思いました。

 

飼い主さんが良くなるように手を尽くして、お魚さんが頑張って生きよう!とする姿に毎回泣いてしまいます😭

 

魚自体の生きるという意思力はあると思います。

王子からもすごく感じました。

今まで飼っていた魚たちからも。

 

思った以上に魚と人はコミュニケーションが取れるんだなぁとも思いました。

 

またいつかね。

 

そんな感じのお別れでした。

 

お魚好きなので、またその時が来たらお魚をお迎えするだろうけれど、何だか今はもういい気がするのです。

 

とは言え、メダカたちが外の水槽にはいるので、全くNoサカナLIFEではありませんが😆

 

王子の記事

journal-hannah.hatenablog.com

 

journal-hannah.hatenablog.com

 

journal-hannah.hatenablog.com

 

journal-hannah.hatenablog.com

 

journal-hannah.hatenablog.com

 

journal-hannah.hatenablog.com

 

サカナの日は2回過ごしました🐟

すごい立派なお魚に成長したなぁ。

我が家にやって来てくれてありがとう王子❤️

 

2023 プルメリア

プルメリアは育て始めてから10年近く経つ様な気がします。

journal-hannah.hatenablog.com

あまりメジャーな植物ではなかったのと、育て方の本(園芸書的なもの)は少なく、

洋書や個人のブロガーさんの記事を参考にしていました。

 

日本の環境下で育てる、という点ではブロガーさんの記事がすごく参考になります。

 

私のプルメリア育成記としては、なかなか咲かない夏が多かったのです。

journal-hannah.hatenablog.com

毎年ぐんぐん成長して行くが、咲かないなぁ〜という感じ。

我が家の陽当たりも良くはないので、お日様たっぷりとは言えません。

 

それが今年は6鉢中3鉢に花芽を発見✨

同時に3株で花芽を持つ事は初めてかもしれません。

 

前回植え替えをしたのは2021年6月

journal-hannah.hatenablog.com

この時に、咲かせる土づくりを目指しました。

 

去年はジュビリーとunknown plumeria が咲きました。

 

今年の花芽リストは、

Kimo、unknown plumeria 、ジュビリーです。

この3株は我が家では咲きやすい様です。

 

今年やった事といえば、枝数を減らす=剪定でした。

それ以外は置き場、管理、施肥と毎年と変わった事はしていません。

 

 

プルメリアは花芽が出来てそこから分枝します。

花が咲く度に枝が増えていく訳です。

 

そうすると栄養が分散されて花芽になりづらい、と言う事らしいのですが、

 

結果として枝数を減らした事で花芽がいつもより付いたのは確かです。

 

花が咲かないイボ芽も発生しました。

f:id:journal-hannah:20230902134603j:image

仮にイボ芽が花芽になるポテンシャルがあったものと考えると、枝数を減らしてみて花芽ができた率は高いのではないかと思います。

 

何より同時期に揃って咲くのは我が家では珍しい事です。

 

安定の高開花率ジュビリー

f:id:journal-hannah:20230902135717j:image

 

憧れのハワイのプルメリアKimo

f:id:journal-hannah:20230902135845j:image

 

今年はダークな色味で咲いたunknown plumeria 

f:id:journal-hannah:20230902135921j:image

 

そして、種から育てたプルメリアが2鉢ありそれらは今までイボ芽だけはでていましたが、咲いた事はありません。

 

上のイボ芽写真も種から育てたプルメリアのものでした。

またか〜とちょっとガッカリ😞

 

記事を書くにあたり、プルメリアを見ていたら、その反対側の枝先に花芽を発見💡

f:id:journal-hannah:20230902142519j:image

種から育てたプルメリアの初めての花芽‼️

今年は初めての花が見れそうです✨

嬉しい😆

 

これだけでも枝数を減らす事で花芽に繋がるというのは実証できたのではないか、と思います。

 

 

初夏にカットしたプルメリアの一部を挿木してみました。

f:id:journal-hannah:20230902143523j:image

なかなか元気。

1年放っておいた枝はなかなか葉を出しません。

 

今年はプルメリアが豊作な年になりました❗️

夏の暑い日 ー庭観察ー

梅雨は明け、夏本番。

といいつつ、梅雨の間も夏真っ盛りって感じの猛暑ではありました。

 

小さい庭でも水やりは間に合いません…

f:id:journal-hannah:20230729132116j:image

主力は暑さに強い植物たち🪴

フロックスは夏の日差しが大好きで、よく咲いています。

 

久しぶりに暑さの中、植物の観察をすると色々発見がありました。

 

今年買ったサボテン緋花玉が咲いていました。

f:id:journal-hannah:20230729134104j:image

咲いてみるとオレンジっぽい色。

f:id:journal-hannah:20230729134158j:image

やはり緋花玉は色々な色幅があるのですね。

 

以前書いたサボテンの記事。

journal-hannah.hatenablog.com

この時のサボテンは冬明けに枯れてしまいました…

 

やっぱり緋花玉は好きなサボテンです。

そして、昔々書いたサボテンの事。

journal-hannah.hatenablog.com

 

ロビビオプシス系のサボテンだった様です。

このサボテンも植え替えで枯らしてしまい、悲しかったのですが、今年小さな苗を買いました。

f:id:journal-hannah:20230729135842j:image

咲くまではまだまだかかるかな〜❔

 

メダカ水槽では、茂った葉をどかすと今年好調なリトルスーがぷっくりした蕾を用意していました。

f:id:journal-hannah:20230729140314j:image

朝見たらカガブタも咲いていました。

f:id:journal-hannah:20230729140438j:image
ガガ様なんて呼んで愛でています。

 

今年の蓮の様子はどうかな❔と見てみると花芽らしきものが。

f:id:journal-hannah:20230729140708j:image

追肥もしておきました。

 

そして、ダイソーデパートから来たアデニウムが咲いていました。

f:id:journal-hannah:20230729140948j:image

薄らぼんやりな赤色。

夏の花って感じで嬉しいです☺️

 

プルメリアも花芽を発見しました。

f:id:journal-hannah:20230729141157j:image

念願のKimo 

f:id:journal-hannah:20230729141238j:image

去年も咲いたunknown plumeria

 

Unknown plumeria は品種不明ですが、うちにあるプルメリアで1番好きなプルメリア

香りが強く、美しいのです。

他のプルメリアに比べて毛が目立つのが特徴です。

 

夏真っ盛りで夏が好きな植物たちは元気です♪

水やりは大変ですが…

 

我々人間は適度に涼をとって、無理せず夏を楽しみましょう。

 

姫睡蓮 リトルスー

まだ梅雨、とはいえ晴れると夏の天気です。

日本の夏、蒸し暑い季節。

それでも熱帯性の植物たちは元気いっぱいになるので嬉しい限り。

 

睡蓮もその一つ。

この季節は花芽を見つけていつ咲くかな〜とワクワクするものです。

 

先に花芽を持っていたハワイアンゴールドは、梅雨の天気の中咲いた、様です…

(見逃した)

 

そして、知らぬ間に花芽をつけていた姫睡蓮リトルスー。

ガラスの蓋に隠れて花芽ができていました。

 

そして、1日目の開花

f:id:journal-hannah:20230702133316j:image 

f:id:journal-hannah:20230702133333j:image

1日目とわかるネクターセンターが開いています。

 

家を出る時間が来て、ここまで。

 

2日目

f:id:journal-hannah:20230702133518j:image
f:id:journal-hannah:20230702133522j:image

リトルスーって可愛いピンク色だなぁって咲くとそう思います。

 

3日目

f:id:journal-hannah:20230702133634j:image

ちょっと沈みがち…

 

温帯睡蓮は3日咲く、というのは確実なので4日目は観察しませんでした。

(熱帯睡蓮は環境によるのかもっと咲いている事がある)

 

このリトルスーは何年か前に、シーズンオフで¥200くらいで買いました。

 

それから何年も経ち、株分けもして今では沢山あります。姫睡蓮だから、といいつつ植えてしまう。

(根茎も横には伸びないので)

 

この花色と、斑の入る葉が好きだなぁ〜

f:id:journal-hannah:20230702141652j:image

昔からある姫睡蓮だけれど、とってもかわいいと、咲く度に思います😆

調べてみると、この睡蓮にもメキシカーナの血が入っている様です…

 

根本を見ると、花芽が2つできていました。

f:id:journal-hannah:20230702141711j:image

メキシカーナ系の花上がりの良さ恐るべし✨

 

私のメキシカーナ系睡蓮が好き、というのはかなり安定した好みといえます。

 

姫睡蓮と言えど、大きめの鉢に植えたら割と大きくなり、花上がりが良いかもしれないなぁと感じています。

f:id:journal-hannah:20230708211550j:image明日は咲くかも✨

それでも普通の睡蓮よりはやっぱり大きくはない。

 

昔ほど、あれこれ色々な品種がほしい✨とは思わなくなってきましたが、お盆を過ぎたあたりに値下がりした水生植物を見てしまうと、ついつい買ってしまいそうで怖いです。

 

 

ベタ 王子のこの頃

3/7のサカナの日にベタの王子の記事を書きましたが…

journal-hannah.hatenablog.com

 

この時は、なんとなく病気の気配があって一時バケツで療養していたのです。

 

それから一度水槽生活に戻ります。

f:id:journal-hannah:20230701123139j:image

この水中ポンプ上がお気に入りのようで、ここにもたれかかっていました。

 

それでも相変わらずお腹は丸いし、フンも出ていない様な気がしたのと、

前ほどエサに反応が薄い様な気がしたのです。

 

何となく、ってすごい感覚でやっぱり何か違和感を感じ取ったりするもの。

 

ある時、浮いたままになったのです。

ぷか〜っと。

 

そして、またバケツ療養スタート。

f:id:journal-hannah:20230702100043j:image

 

治療内容は、

まずは塩水浴0.5パーセント。

それと平行してグリーンFゴールドリキッドも入れました。

 

水の温度や、濃度、水質維持するのになかなか面倒で若干サボりがちに…

 

水温はヒーターをまだ入れているのもあり、合わせるの面倒です。

 

金魚なら、バケツをもう一つ用意して温度を合わせる事ができるのですが、

温度と濃度を合わせるのが骨に感じていました。

 

まだまだ王子が元気な内は良かったのですが、

f:id:journal-hannah:20230702100836j:image

だんだん元気がなくなりました。

 

バケツという環境で、外が見えないのが嫌だったみたいですが、見えない環境だからこそ具合を悪くできるのかもしれないな、と何となく思いました。

 

(人間の私も体調を崩しては雨戸も開けず、暗い部屋で寝込みますから)

 

そして、とうとう王子も寝転がってしまいました。

f:id:journal-hannah:20230702101339j:image

初めは頑張って水面まで来ていましたが、全く起き上がらなくなり、ヒラメの様に横になっています。

 

そして、エラだけバタバタさせていて、

時々変な泳ぎ方をするのです。

 

この時、お病気は神経とかに来てしまったのかもしれないと、もうダメかもしれないと思ったのです…

 

私の今までのサカナ治療歴の中で、この状態から復活した事はなかったのです。

 

もうダメならあとはちゃんと見届けよう、と毎夜寝る前に「また明日会えたら会おうね」と言っていたのです。

 

朝見に行くと、エラが動いているのを確認してホッとしていました。

 

サカナには白目はないけど、白目をむいている様に見える時があって、辛いのだろうと思っていました。

 

ある時、水も汚れてきてこんな中で王子が死んでしまうのはかわいそうだと、迷ったけれど水を換える事にしたのです。

f:id:journal-hannah:20230702102047j:image

 

塩水浴をやめて、グリーンFゴールドリキッドのみにします。

 

そうしたら、ちょっと元気になってきた様に感じました。

その後も、すごい速さで水が汚れるのでせっせと水換えをしました。

 

1週間くらいエサも食べていなく、体力もなくなって相変わらず寝転がってはいました。

 

ある時、エサ食べるかな?とエサ袋を振るとギラッと目が光り、エサを死に物狂いで食べにきました。

 

エサを食べる様になると、一気に回復の兆しが見えました。

 

そして、ある日大きなフンをしました。

f:id:journal-hannah:20230702103225j:image

もう大丈夫そうです!

 

今もバケツとお薬生活ですが、やっぱり水質が大事だなぁと実感しました。

 

復活までの間に、背鰭が全部なくなりまた新しく生えてきています。

 

王子の生命力に感動しました。

生き物の生きようとする力、本当にすごいなぁと改めて思いました。

 

何より、病気が悪くなる前に処置をするって大事だとも改めて感じました。

人間も同じですね。

 

王子から学ぶ事が沢山あった、治療生活でした。

台風一過 さわやかな週末

台風が過ぎ、気持ちの良い日になった週末。

いつの間にか6月で、日本の各地で梅雨入りになりました。

 

まだ当地は梅雨入りとはなっていませんが、梅雨はもうそこまで来ているのでしょう。

 

そんな季節、八重ドクダミが咲きました♪

f:id:journal-hannah:20230604180149j:image

庭には普通のドクダミもたくさんあり、この季節になるまでどっちかわからないのですw

個人的には八重ドクダミ大好きです。

 

スカシユリも咲きました✨

f:id:journal-hannah:20230604180403j:image

 

今年もメダカシーズンは始まっていて、

我が家の今年のメダカラインナップは

クロメダカ、黒いメダカ、紅帝&楊貴妃グループに分かれています。

 

今年はダルマメダカを発見💡出来たので、ぷくぷくファミリーを増やしたい✨という目標です。

f:id:journal-hannah:20230604214201j:image

 

早速、産卵床を作ります❗️

journal-hannah.hatenablog.com

 

作った産卵床を入れておいたら、沢山のたまごが産みつけられました。

(見えずらいですが)

f:id:journal-hannah:20230604214556j:image

 

そして容器に入れておいたら、忘れた頃にたくさんの針子が誕生しました。

f:id:journal-hannah:20230604214643j:image

 

今はもうちょっと大きな容器に移そうと思っています。

 

クロメダカや、黒いメダカ(行田ブラック由来の黒いメダカたち)は結構産卵床にたまごを産み付けてくれます。

 

 

ぷくぷくメダカはメスが2匹いて、毎日ではないけどたまごを抱えています。

 

作った産卵床にもたまごは産み付けられているけれど、普通メダカより何だか不器用な感じ…

 

口に無精卵をつけて、たまごを産みつける場所を頑張って探していました。

f:id:journal-hannah:20230604215111j:image

色々な場所にたまごは産み付けられています。

 

長いピンセットで見つけたたまごを取っています。

 

今年は上手く育てられるかな❓

 

そして、今年も睡蓮ハワイアンゴールドが蕾を持っていました。

 

葉が増えて蕾は撮れず…

f:id:journal-hannah:20230604220421j:image

追肥として、いつもの花ごころ 水生植物の肥料を与えると、葉がすぐに増えます。

 

この肥料は手に入りやすく、効果も高いので最近はこれ一択です。

 

去年はせっせと追肥して、蓮が咲きました✨

journal-hannah.hatenablog.com

 

今年も咲いてくれるといいな〜!

(植え替えはサボったのでどうなるかな❓)

 

梅雨の気配が感じられるこの頃、まださわやかさを感じる晴れた日を楽しみましょう〜❗️

 

初夏はガーデン日和

陽がのびて気持ちの良い季節。

日中は暑い日も多くなりました。

 

ウィークデーはなかなか余裕がなく、あまり庭を見ていないのですが、週末になると庭を眺めては変化を感じます。

 

そして庭仕事に没頭してしまい、日焼けをしてしまうという繰り返し🤨

何より普段動かせない身体を動かすのが気持ち良く、あれこれやりたくなります。

 

今年の芍薬はたくさん咲いてくれました✨

f:id:journal-hannah:20230527230512j:image

一房に四つ咲いたものもありました。

 

私はマゼンタ色大好きで、この芍薬、夕映が大好き♡

庭の花がマゼンタばかりの初夏でした。

f:id:journal-hannah:20230527230826j:image
f:id:journal-hannah:20230527230823j:image

そして、季節はアジサイとユリへと変化しています。

陽が強くてコントラストが高くなってしまった、藍姫。

f:id:journal-hannah:20230527231016j:image

コアジサイ的なブルーのアジサイ
f:id:journal-hannah:20230527231019j:image

アジサイ色々

f:id:journal-hannah:20230528141652j:image

 

ユリはシャンデリアリリーから始まりました。

f:id:journal-hannah:20230527231217j:image

ササユリ、スカシユリと花芽が出ています。

 

ササユリ

f:id:journal-hannah:20230527231430j:image

オニユリ
f:id:journal-hannah:20230527231427j:image

ユリは品種によってだいぶ花期が違うので、オニユリはまだまだです。

 

にしてもオニユリの繁殖力が強く、ムカゴからあちこちに芽が出て来ます。

一枚葉の状態では、どのユリか判断がつかなくて放っておいたけれど、ムカゴができるのはオニユリしかないので、きっとオニユリなのでしょう…

 

そして、私はオニユリを植えたつもりはなく…

journal-hannah.hatenablog.com

園芸品種のユリを移植したら、オニユリになったのです。

そして我が家の庭はオニユリだらけになりました。先祖返りなのでしょうか?

不思議。

 

そして、なかなか出来なかったプルメリアの剪定。

花が咲いた後、分枝して行くと花が咲きづらいという記事を読んで、切る事にしました。

何より、どんどん成長して冬越し場所もとるので、枝を減らす事にしたのですが、

f:id:journal-hannah:20230527232835j:image

この枝たちはどうしよう…となっています。

当面乾燥させて根が出る状態まで保管する予定です。

 

去年風で倒れて折れてしまったキモの枝を取っておいたのですが…

f:id:journal-hannah:20230528142005j:image

シワシワに…挿木になるのでしょうか?

 

 

来週から雨が多くなる予報です。

梅雨は例年より遅くなると読んだ気がしますが、どうなりますかね?

 

梅雨の前にこの気持ち良い季節をもっと庭で楽しみたいですね。

日焼けは適度にして気をつけて心地よく夏を過ごしましょう☀️